解熱鎮痛剤

問題1.プロスタグランジンは、病気や外傷がある時に活発に産生されるようになり、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。

解答;⭕️

アツナリ

痛み止めは、プロスタグランジンの合成を阻害することで、痛みを抑えます。

プロスタグランジン

プロスタグランジンの作用は、大きく分けて2つの役割があります。

1.発痛物質:痛みを増強して脳へ伝える

2.胃の粘膜を保護する作用

解熱鎮痛薬はプロスタグランジンの合成を抑える成分が配合されています。これにより、痛みを抑えられるが、胃の粘膜が荒らされます。

解熱鎮痛薬【効果】

1.痛みのシグナルである、プロスタグランジンの合成を抑えて、痛みを抑える⇒鎮痛作用COX1、COX2

2.異常となった体温調整メカニズムを正常状態に戻して、熱を下げる⇒解熱作用COX3

3.炎症の発生部位に作用して、腫れや赤みなどの症状を軽減する⇒抗炎症作用COX3

【作用】

中枢神経系におけるプロスタグランジンの産生を抑えることで解熱する

局所のプロスタグランジン産生を抑制することにより炎症を抑える

【副作用】

肝機能障害胃腸障害アスピリン喘息

末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は腎血流量を減少させるため、腎機能に障害があると症状を悪化させる可能性があります。

【注意事項】プロスタグランジンには、胃酸分泌作用により胃粘膜の保護作用があるため、プロスタグランジンの合成を阻害すると胃腸障害が起きやすくなります。だから、十二指腸潰瘍がある人に勧めることができません。

問題2.イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を抑制することで、消化管粘膜の防御機能を低下させる。

解答:○

アツナリ

イブプロフェンの消化管粘膜の防御機能は、アスピリン等に比べると悪影響は少ない。

イブプロフェンは、抗炎症作用を示し、頭痛、咽頭痛、月経痛、生理痛、腰痛等に使用されることが多い。適応は、成人にのみである。

問題3.アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比べて胃腸障害は少なく、空腹時に服用できる製品もある。

解答;✖

アツナリ

この記載は、アセトアミノフェンの説明です。

アセトアミノフェンの特徴

中枢作用によって解熱鎮痛作用をもたらす。

全ての世代で服用が可能。

腎障害、胃腸障害は比較的少ない。

安全性が高く使いやすい解熱鎮痛薬です。

問題4.アリルイソプロピルアセチル尿素は、依存性があるため、留意する必要がある。

解答;⭕️

アツナリ

いわゆるピリン系アレルギーの風邪薬というのは、イソプロピルアンチピリンのこと。1960年代半ばまでは、それ以外にもピリン系の薬はたくさんあったが、アレルギー反応が出やすく現在はイソプロピルアンチピリンのみ使われている。

アスピリンやサザピリンは、ピリンとつくが、ピリン系に分類されない。


問題5.アスピリン、カフェイン、エテンザミドの組み合わせはそれぞれの頭文字からACE処方と呼ばれている。

解答;⭕️

アツナリ

風邪薬に配合されるACE処方とは、アスピリン、カフェイン、エテンザミドの頭文字をとってACE処方と呼ばれる。

アスピリンとエテンザミドは解熱鎮痛作用を目的として配合されている。

カフェインは交感神経を刺激して、気分がハイになる事を利用して配合されている。カフェインの摂取量は1日量の上限が決められているので、カフェインが配合されている栄養剤との併用には要注意。

問題6.エテンザミド等のサリチル酸系解熱鎮痛成分は、ライ症候群の発生が示唆されている。

解答;⭕️

アツナリ

ライ症候群

非常に稀な病気だが、脳の炎症や腫れ、肝機能の急激な低下をもたらし生命を脅かすこともある疾患。急性ウイルス感染に続発して起こり、サリチル酸系解熱鎮痛成分の併用により、発症確率が35倍にも上ると言われています。

問題7.解熱鎮痛成分(生薬を除く)による胃腸障害の軽減を目的として、酸化マグネシウムが配合されている場合がある。

解答;⭕️

アツナリ

酸化マグネシウムは、下剤によく入っている成分ですが、胃腸薬としても使われます。 酸化マグネシウムはアルカリ性なので、胃酸を中和することで、胃の粘膜を保護する。

シェアよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください