やる気がでない時

 今日は9月の4連休ですが、とってもやる気が出ません〜
まだまだ、覚えないといけない事、出来ないことがたくさんあるのに、ネットサーフィンをしたり、ダラダラしたり・・ 夫に子どもと遊んでもらっているのに、そんな自分に残念・・(泣)

 昇進試験には10年連続受験し続けて、諦めた方達がたくさんいるらしい。その方達と一緒に仕事をしていても、とってもしっかりしているので、どうしてこの人たちが落ちたのだろう・・ と正直不思議で仕方ない。

 私は、昨年初めて昇進試験を受けて不合格だった。今思うと、試験の範囲もよく分からず、ぼんやりと手探りだったので、不合格も仕方ないのだけど、自分なりにすごく勉強したので、不合格が残念で仕方なかった。こんな仕事やめてやろうと思った。自分を否定されたようで、辛かった。次に不合格になることが怖かった。昇進試験から逃げていた。

 3月頃までは、本当に仕事を辞めようとしていた。理由はどのようにでもつける。他にしたいことがある。私にはもっと才能を生かせる場所がある。本当にやりたいことはコレじゃない・・

 でもやっぱり、私は昇進試験から逃げているだけだった。自分の目の前のタスクから逃げているだけだった。それに気がついた時、私の2回目のチャレンジが始まった。

【昇進試験の範囲】
・SPI(数学的思考)
・職務規定
・小論文(2題)
・時事問題(コロナ、内閣組閣、文化、スポーツ)
・診療報酬改定
・障害者福祉のしおり
・なごやの福祉2020
                ・名古屋市健康福祉局の仕事
                ・事業概要
                ・事業団の経営、理念、組織について

【昇進試験の今後の計画】
8月中旬から始めた、2回目の昇進試験勉強も、10月からは本腰を入れて取り組もうと思う。ただ、平日は疲れ果てて、集中力と気力と体力が完全に落ちている。仕事をしながら、育児と家事と試験勉強に取り組むことは、とっても難しいことだ。

【平日にやること】
・SPIを朝と夕に解く
・小論文を2日に1回書く

【土日にやること】
・今までブログにアップした記事を再度見直し、完璧なモノにする。
・不足している部分をブログに載せる。

 このブログは、自分の試験勉強のアウトプットの場として、載せている。昇進した後に、こんなに勉強して、現在のポジションを手に入れたんだぁと思い返すかもしれない。

 私は、若くに子どもを産んで、一軒家もあり、家族円満で、薬剤師免許もあるため、人から羨ましがられるかもしれない。ただ、それは人よりも少し根性があり、努力することができたからだ。両親が健在で、自由奔放に育てられた事は感謝しかない。ただ、優しい旦那に巡り会えたことや家庭円満であることは私の努力でもある。

私はきっと、あまりトラブルが大変だと思わない性格なのだろう。共働きの正社員であることも、現代では当たり前。子供が脳出血になったことも、嘆いても仕方ないこと。イライラやモヤモヤは、自分を理解するための良い道具。成長の機会を与えてくださり、ありがたいと思う。

シェアよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください